美白化粧水の効果的な使い方

  • 美白化粧水の選び方とは

    • 肌の悩みは様々なものがありますが、特に目立ってしまうのがシミです。
      また、くすみなども顔色を悪くしてしまい悩みになってしまいます。そんな二つの悩みはメラニン色素によって引き起こされます。
      紫外線のダメージや強い刺激などが原因となって引き起こされるものや、ターンオーバーが乱れている、皮膚の炎症後に色素沈着をしたなどが考えられます。

      あなたに合った化粧水の美白の専門技術を身につけましょう。

      シミと一言で言っても、様々なタイプがあることから美白化粧水などは、原因に合わせて選んでいくことが大切です。

      美白化粧水は、シミの原因によって選んできます。
      まず、メラニンを作らせないという成分としてはカモミラETやトラネキサム酸などの成分がオススメです。



      情報伝達物質である「エンドリセン」の働きを抑制する効果があり、特にトラネキサム酸は肝斑などの通常の美白ケアではケアしにくいシミに効果があります。


      メラニン色素をつくる酵素であるチロシナーゼを抑えるには、アルブチンやコウジ酸、エラグ酸、ルシノールやビタミンC誘導体、プラセンタエキスなどが配合されているものが効果的です。
      日焼けによるシミやくすみ、にきび跡など炎症性色素沈着など幅広い悩みに対しての効果が期待できます。



      チロシナーゼ自体を減らすにはリノール酸、メラニンを排出するのは4MSKなどが良いとされています。

      化粧水に配合されている成分は、いろいろなものがありどれを選んだ良いのか迷ってしまいます。

      肌質や目的に合わせて選ぶことが大切で、肌に異常を感じたらすぐに使用を中止します。